代謝を高める質の高い睡眠をとるには

基礎代謝を上げると太りにくい体を作ってくれますが、

何故睡眠が基礎代謝と結びつくのでしょうか?

基礎代謝と睡眠とは直接結びついているのではなく、間接的に結びついていると言われています。

良い睡眠を取ることが出来るようになると、良質な筋肉が作られます。

良質な筋肉が作られたら、基礎代謝は上がるのです。

睡眠眠不足は太りやすい体作りを応援してしまうのです。

睡眠中に作られる体の中の物質

眠る時間が短く、またその時間がいつも違う時間帯だったりすると

セロトニンとレプチンという食べものに関するホルモンに乱れが出てきます。

基礎代謝と睡眠に関係するもの

それぞれ解説していきます。


セロトニン

セロトニンは、ストレスを感じたときに分泌される脳内物質「ノルアドレナリン」と

食欲に関係する脳内物質「ドーパミン」をコントロールしています。

睡眠不足が続くと、このセロトニンが減少してしまいます。

その結果、ドーパミンの制御が効かなくなり、過剰な食欲となってしまいます。

レプチン

レプチンの分泌に乱れが生じると、満腹感を感じなくなります。

「空腹ではないのに食べてしまう」現象が起こってしまいます。

2晩続けて4時間睡眠となった場合、血中のレプチンが18%も

減少したという報告も出ています。

食べ物に関するコントロールを担っているのがセロトニンとレプチンです。

この2つのホルモンが効果を弱めてしまうと、基礎代謝と睡眠との関係を

悪くして、あなたが美容と健康から遠ざかってしまいます。

また健康的な筋力アップも望めないため、基礎代謝が上がらないという

悪循環に陥ってしまいます。

基礎代謝と睡眠、その2つの質を上げることは出来ないのでしょうか?

→ 基礎代謝ならココ!!サプリラボ!!

そんなに簡単にうまくいくの?

「眠るだけ?」

そう思ったかもしれません。

良質な睡眠さえとっていれば基礎代謝は上がるというわけではありません。

あくまで基礎代謝を悪化させる働きは抑制できます。

基礎代謝と睡眠との関係をつなぐために簡単なことを見落とすと、効果は薄れてしまう

という事実です。

なにか大きな事をしようと決意しても、はじめの一歩は小さいのです。

大きな事だからこそ、小さい事にも気を配る。

基礎代謝と睡眠との関係をつなげ、あなたに美容と健康をもたらして

太りにくい体質を作り理想の体型を手に入れて、外側もキレイに、内側もキレイにする。

大きな目標にしか聞こえませんが、実現できないような夢ではありません。

必ず実現できる目標なのです。

それには基礎代謝を上げることは避けて通れません。

基礎代謝と睡眠との関係をつなぐことも避けては通れません。

基礎代謝と睡眠との関係をつなぐために過度(かど)ではなく

適度(てきど)に無理なく続けることが出来ること。

それがこのサイトで紹介している運動「ウォーキング」

「スロートレーニング」であり

その運動を支える「代謝を上げるサプリメント」なのです。

そしてココにもうひとつ加わります。

それがこの記事の基礎代謝と睡眠です。


→ 基礎代謝ならココ!!サプリラボ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です